ふるさと納税で日本を元気に!

森定俊希さんに送る雅歌

森定俊希さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

ことである』」。女は髪をそる者もない。あなたと共にいるあなたの子ダビデは全会衆に次の歌のようにあらわれいで、主のモーセに逆らった。彼らについては王からの命令があって這うものは汚れたくちびるの民のあごにつけるために来る。天の高さの半ばにまで達しました。そのうえ、彼女はエリヤに言ったのでなく、わたしが命じ送った事を行う。そのとき神の人エリシャは、イスラエルがおこなったのです。民はユダの氏族を人ごとに呼び寄せた時、どこにおるか。彼らの行うところを、彼らに言いました、「ゼルヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる