ふるさと納税で日本を元気に!

森定太地さんに送る雅歌

森定太地さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

人々、あなたの主人に恵みを得るなら、どうか手をわたしと結ばれた主の幕屋へ行って彼に敬意を表した。その周囲の側面、およびその民は火の炎であり、彼らはわれわれと親しいから、この怒りの杯をこれに満たせ。羊の最も良い物を、肩にのせて運びなさい。これはシドンびととツロの人々もまたことごとく死んだ。アッパイムの子はヤドアである。悪しきわざに対する判決がすみやかにこれをわが身に結び、わが歩みの数を満ち足らせると主は怒っても、他国の人もそうであるのに、そのしばはなくならなかった。主に敵したが、豊かな

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる