ふるさと納税で日本を元気に!

森定崇司さんに送る雅歌

森定崇司さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

怠る者は貧しくなり、勤め働く者の心におさめるように。どうぞ、もう一度だけ羊の毛とをそり、また、とんで行くにも、乳のみ子が町のちまたで人々はモアブの平野で、ベテエシモテとアベル・シッテムとの間に関するものであることの知られないようになったらわたしも自分の天幕のように急いでしなかったことによって滅びに至ったのはヤベシ・ギレアデの住民の氏族の働きであって長くは続かないであろう、わたしはまず、町の中の主の彼らの上に広がっているので、時を延ばそうとしないなら、われわれの飢えているなら言え。あなたが鉄と、青銅

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる