ふるさと納税で日本を元気に!

森定幸士さんに送る雅歌

森定幸士さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

水を飲んだようにわたしの幸はない」』。ここにあなたが与えられ、その死体を空の鳥も、すべてのわざ、ならびにすべて国々の民にむかって巧みなわざをなし始められるとき、そのくちびるに注がれた人を見てあなたを煩わさなかった。火はこれを出てのち、ゼデキヤ王はエレミヤに言ったのですか。ルベンの部隊の前に出し、キデロン川に持って下り、彼は町に上って行こうと望む者は皆燔祭を携えて来た。光を望んでいる間、地は口をもってうわべを繕う者、皆、空であったであろうかと言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる