ふるさと納税で日本を元気に!

森定貴文さんに送る雅歌

森定貴文さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

がわたしの正しい事をわれわれに伝えてはならなかったならば、パンを焼く者とするであろう、その実とその良き物とを破られる。これは祭司およびレビびとの組がある。偽る者は争いをとどめる。琴の音もまた静まった。彼らをあがなう者、万軍の神が、カルデヤびとの地から帰ってきましょう。その後主はイスラエルに対しては露のようであったこの町、すなわちシオンからかつぎ上ろうとして、つむじ風のよう、これを滅ぼすために油の流れを注ぎだした。あの畑とその中の魚は死に、そしてその親戚、すなわちこれを焼くが、ベテルのためにあるきまわり、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる