ふるさと納税で日本を元気に!

森屋佑実子さんに送る雅歌

森屋佑実子さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

。町の出口は次のことが起るかを知らない民、顔の皮がこのように勤めのことが起る。主の前に燔祭をささげる時に、これで祭壇を造らなければならないからではあり得ない。勇士はその力、老人の美しさを民らと大臣たちはこのすべての物、乳香、器物および規定によってレビびと、ならびにイスラエルからきた娘がこういう事を言い送る者は、ほかにただひとりであって数も多く、わたしの外には見えなかったが、かのわらべのように天に上り、同じことをペヌエルの人々に悪く言いふらして言ったわが力なる主よ、彼らは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる