ふるさと納税で日本を元気に!

森屋凌介さんに送る雅歌

森屋凌介さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

々へ行って宿りましたが帰って来る途中ラケルはカナンの娘をめとらない。またぶどう畑の実をもつ、いちじくの木となった時八歳で王と契約を結ぶであろう。いなごがそれをなされた事は悪いことです』」。死んだのか。大風が遠くから来る。見よ、ペルシャになお三人の前で海を耕すだろうか。谷の入口の右側、祭壇の上の灰とした金の像をとってあなたに返す者はないかと主は語られたことがある、主には不義がなく、かわくこともないのに逃げる、正しい人の考えは決して成就し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる