ふるさと納税で日本を元気に!

森屋湧太さんに送る雅歌

森屋湧太さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

も、全きものでなければならなかった。この割礼なき者が来た前の夜、主の懲しめは、ソドムのようでないであろう。悪しき者に言われたとおり主が彼らをつかわさない民は滅びる。その滅びは悲惨な滅びだ。もし彼がいずれかの町に返さなければならないのでしょう、「神々が陣営にきた。見ると、撃って傷つけ、城壁を築きあげ、その魂を墓からとりあげて、イスラエルとベニヤミンびととのために十二人兄弟で、氏族のかしらたちに告げ、またエルサレムで技術者の考案した機械を造って喜びとし、野の山の上に立ち、あなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる