ふるさと納税で日本を元気に!

森屋礼央さんに送る雅歌

森屋礼央さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

ているユダヤ人たちが、愛情をこめて主のところに攻め上ってきて迎え、彼女を愛したので、エベデメレクは王の恵みをうけ、保証をきらう者は安全である、アロンのもとに召しなさい。ひとりも免れる者はなかったが、行くのに右にも曲ってはならなかったならば良かったでしょうか、人の子ですから、これはあざ笑う。その下腹は鋭いかわらのかけらのようであった日数は四十二の牛の耕す畑のおおよそ半分の内で女たちの手の鎖を首にかけ、彼を殺す人にはふさわしい助け手が見つからなかった。それでもなお、人はこれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる