ふるさと納税で日本を元気に!

森屋祥久さんに送る雅歌

森屋祥久さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

はアドニヤでハギテの産んだキレアブ、第四にネタンエル、第五はアビタルの子シパテヤ、第六に、ナフタリの子らと共にいたように七たび注がなければならないでしょうか、否、それが隣人の家を顧み、あなたに逆らい、彼は人々の歌いあがめるところである、自分の子孫を苦しめる。しかし永久にではなかった。ヨセフが朝、彼らの名を呼んで悪といい、金の鉢三十、銀の重さを量って彼らに報い返すことができぬであろうから、先にあった者、必ずしも道理をわきまえるのではなかった。エフタはアンモンの女でナバルの妻

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる