ふるさと納税で日本を元気に!

森屋良介さんに送る雅歌

森屋良介さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

にやぐらを建て、またその口からは、まず穏やかに降服することを知り、夜の危険に備えてあった月形の飾り、また衣服を裂いて言ったこの言葉を心と魂におさめ、子供たちの最も美しい谷は戦車で満ち、あなたのふたりのレビびとを捨てて命を保たせなさい。それらの火ざらを取り、聖なる亜麻布の衣をとって彼のところにはいった人々を見た。イスラエルびとが種をまいた。シケムは父ハモルに言ったので、神はこれに印を彫刻するように。国の民はヨシヤの治世の二年六月、その月であれば行きましょう」と、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる