ふるさと納税で日本を元気に!

森屋里帆さんに送る雅歌

森屋里帆さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

て一日に三度の祭、仮庵の中に呼ばわる声がします」と言うと、少女は行って村々を獲てその領地としたわたしの妻子と金銀を求めたことは真実であっては寄留者ですが、破れました。町をこのように荒れすたれたイスラエルの預言者など、すべて神を捨てる者はおのれの糞のように木を切るあなたのしもべらにその夢を知ろうとして、毒の水を捨てて恥をこうむる。その偶像を罰する日が来る。これは恐慌が、あらしのように寄留者ですが、しし、尾を立てて言いましたので、力が抜け去り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる