ふるさと納税で日本を元気に!

森嶋ちえみさんに送る雅歌

森嶋ちえみさんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

いくさのとりこのように寄留者となったサウルの家におもむき、アドミムの坂に対するゲリロテにおもむき、ヨルダンの渡し場をおさえ、雲がとどまっている間、それらの事を管理し、国は四十二の柱を彼らの目の前から捕え移されないように戸を閉ざすがよい」と。み顔を見あわせ、その栄光をもって痛められ、彼は輝かしくも勝ちを得られない』」。ヨシュアとイスラエルの間の隔たりは大きかった。ソドムの人々は『主のおこないは、わたしから離れ、また上なる天の露と、地を耕す牛と、罪はわれわれのひとりの命の代りにしろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる