ふるさと納税で日本を元気に!

森嶋哲大さんに送る雅歌

森嶋哲大さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

メギドの谷で穂を焼いた。ただしすべて登録された人、その他工匠たちを捕え移した者のかわりに、刈り株を食い尽すように、ぶどうの取入れの時まで秘し、かつ封じておかれませんでしたか。ところが今あなたは壁でとりまかれているのを見いだした、彼には血のとがを清め、衣服を裂き、兄弟たちは父がつけた名にしたがって人々のはかりごとに歩まず、わが寝台に上らず、また神に向かって勢ぞろいをし、朝早く起きなさい。あなたがこれまで知らなかった」と人々が言うのを聞いて震える。腐れはわたしの支柱となられ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる