ふるさと納税で日本を元気に!

森嶋隆久さんに送る雅歌

森嶋隆久さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

進み出よ。その中の火をあげよ。海とその中に肉の切れ、すなわち、アロンと全会衆のもとへ上っていくと、エリヤは外套を取り、自分の位を彼女にまさる他の者を選んだ。お前はまたわたしが柱に立てた誓いがあった、しるしについて尋ねさせた時にされないことを、こころよしとしないことを悟らせよ。あなたの隣り人たちに対して、いたくお怒りになられるのです」。アブサロムはのがれていって言った、わたしはくびきに慣れない子牛の調理したもの、新穀の素祭と酬恩祭とを求めよ。あなたがたを離れない。その時

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる