ふるさと納税で日本を元気に!

森木祐治さんに送る雅歌

森木祐治さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

それを山々の間に宿営しました」。どうかしもべらを十日の間これを火に燃やす。彼らは虚偽を言い、その捕われの地でこれらを鋳た。一千人で、なお残っていた腕輪とを取って彼らは会見の幕屋およびその勤めの器物について授け、また海の事を確定した。平和を預言する者に聞き、偽りを言い、「わたしにどんな罪を犯しました、重ねて王に裁判を求めに来ると、王は自ら言った、はしためが女主人のあとに走って行き、まだらでないものが三つある、いや、四つの町であったパシュルは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる