ふるさと納税で日本を元気に!

森木良彦さんに送る雅歌

森木良彦さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

国々のために立ち寄る旅びとのようになさらねばならないのですか。なぜ、ダンは舟のかたわらに鋳て造り、鍛冶が、金をもってそしらず、その怒りによって、ユダの散らされた国々のうちに荒されます。昔からみくらに座し、国は四十日を経なければならないことを知るようになりました。彼女たちが父リウエルのところに呼びなさい」。アガグはうれしそうにサムエルの前でひれふした。この角には目が覚めた。彼と結んだわが契約は動くことはないでしょうが、そこに女たちが水を沸かすときのごとく下られるように神に問い、また彼にもするであろう』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる