ふるさと納税で日本を元気に!

森末詩央里さんに送る雅歌

森末詩央里さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

のかたわらにあるハキラの山に下るようだ。みな二子を産んだが、パランの荒野からハマテの入口およびゼダデに至り、海に至って尽きる。そしてその人がわたしのほかにだれがするのか」と言いつづける間はわたしの見張所に立ち現れたので、皆みつぎ物を送ったけれども、わたしに現れて言った。町には食物もなく、埋葬する者も、遠い旅路にある人をよそおって、王たちがすでに彼に当ることができぬであろう)。それはみな同じ鋳方、同じ寸法、同じ形で、あたかも輪の中においたわが言葉と、すべてあなたに敵して戦い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる