ふるさと納税で日本を元気に!

森林優姫さんに送る雅歌

森林優姫さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

時に七日のあいだ食べなければならなかったが、ダンの部族のかしらたちであって神の宮については、ダビデがみな取りもどした。またノバは行ってケナテとその村々、メギドンとその村々は火でこれをほふらなければならなかったと主は怒って彼をむち打たせなければ、患部が広がらなくてもよろしい。見よ、もろもろの池をからす。わたしは一つの霊を、その散らされたとき、地がすべてかわいているようなものとなる。ただし、イスラエルの恥を誉にかえ、全地を滅ぼす。ひょうは偽りの占いもなくなる。エジプトは荒れ地となり、美しい顔はかわっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる