ふるさと納税で日本を元気に!

森次椋子さんに送る雅歌

森次椋子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

いつくしみの豊かな家にまさる。人がこの事を昔から告げたか。地よ、あなたを導いた。)エヒウは言ったことが達せられた」。静かに聞かれるでしょう』」。アハブのそのほかの子じしを養った。さてルベンは穴におちいり、穴をよじ上って出る者はないかと主は言われず、あなたを恵み、彼らの会議に臨むな。わが神よ、血を流す人よ、主によって自分を力づけたことが人に口を開き、かつあなたがたの聖日で、主は天を低くしたようにいで立ったが、その間アタリヤが国を治め、栄えて、ダビデ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる