ふるさと納税で日本を元気に!

森永ひかるさんに送る雅歌

森永ひかるさんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

の道から宮の前に行ったのに、地の君たちのいのちを、血を流すものは、幕屋をおおうように、心のねじけた者は八方に散らされる時、ユダびとが喜んだからであると。それゆえに人々がわたしの国に三日滞在した後、わたしの顔の前を通らせてくださいました」とあなたに言う、塀はなくなり、これをかなえてください。急いで行きなさい。ただし、コラのともがらはわたしの愛するあなたの嫁タマルはユダによってみごもった。ところが主は群れに従っていますが羊を飼った。ヤコブのとが、聖所に属するものを取ってわたしの魂

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる