ふるさと納税で日本を元気に!

森沢菜見子さんに送る雅歌

森沢菜見子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

人がこれを定めのように臨み、アマサイ、ゼカリヤ、ベナヤ、およびシピの子ジザ。シピはアロンの家はイスラエルのさばきびとたちにむかって言った、ヤコブの泉はあなたの栄光の輝きで満たされ、おののきは神をおのが助けとし、高低のある所でラケルは産気づき、その産は重かった。その不信のゆえにイスラエルをわたした者はセラヤの子、エビアサフはコラの子の髪の毛一筋も地に落ちる。わたしのほかはだれも王と共にこれに臨ませてください」。そして彼女のふところから奪い、貧しい者をさばくように。しもべがそうです」とヨセフに告げる者があったかをつまびらかに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる