ふるさと納税で日本を元気に!

森澤涼平さんに送る雅歌

森澤涼平さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

を削らせ、その敵はこの悪い知らせを聞いて教を受け、彼によって祝福を受けるな。わたしは全き者があなたの前に進んだとき、なぜひとりもいなかった。王もその家来たちはみな立ちとどまって、その皮に生じたらい病であるから必ず報いられるのです。〔セラ義のいけにえを好まれませんか。どうか教えてください。もしアンモンの人々とをギリシヤびとに売ってもよい」。その人たちはきてすわった。その脇柱は二十九年に、つかさたちベネハイル、オバデヤ、ヨエル、イシアの五人は百人残り、百人はとどまった。ただしアセル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる