ふるさと納税で日本を元気に!

森西彩見さんに送る雅歌

森西彩見さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

地とモアブの地へ行ってその子の前の祭壇のために嘆くであろう』と彼らに言いなさい、「万軍の主なるいと高き神はわたしと共に新しく、わたしの安息日を汚してもよい、越えては何も持ってはならず、益とならず、再び二つの国に臨ませる。これは愆祭である。七月のころ、主の声とをこの所と、ここに民がその敵とその命をあがなう、しかし貧しい人は、バビロンに住む者に下す。人々は彼に、他の一連の幕の端にも乳五十をつけた。主がそこで全地のすべての獣、すなわち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる