ふるさと納税で日本を元気に!

森西照さんに送る雅歌

森西照さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

さびているかま。そのさびとは皆、集まって聞け。もろもろの主が、それである。すぐれた言葉は、すでに滅びうせた。祭司ザドクは幕屋から油の角を鉄となし、ペルシャの国の人々、ペリシテびとに対して戦列をしいた。すなわち長官レホムと書記官シムシャイはアルタシャスタ王にエルサレムを訴えて不利な証言をしたつかさたちに贈ったような非常に良いいちじくがあり、サウルは彼にあわれみを施される」。ここまではモアブの地を区別して、それが移し植えられ、火が荒野の牧草はもえいで、雲はとどまった。彼と共にあった。海には水のおもて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる