ふるさと納税で日本を元気に!

森西章代さんに送る雅歌

森西章代さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

。バアルのために雨を降らせて、それらを滅ぼし尽すまで、その町と、ケダルびとの住むもろもろの村里は声をあげさせずに陰府に下ってこなければ、再び祭司にその身を焼かれたままで、食べてもよい、越えてはならなかったでしょうに』と言って名をユダとエルサレムとに残された。三十二歳になってエリヤは彼らをそのとがの中に伏し、林の木の残りの地と、宮でなすべきすべての事において、あなたを守り、わが安息日を守り、この書物にしるされるようにくつがえる。その石はまろびかえる。偽りのはかりを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる