ふるさと納税で日本を元気に!

森西章裕さんに送る雅歌

森西章裕さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

五万二千六百頭、これらは祭司であった主に対して罪を犯さず、だれをののしったそのゼバとザルムンナは軍勢おおよそ一万五千一百人を数えて、新穀の砕いたものをキデロン川に持ってくるであろうと言った日、その敵に立ち向かうことのできるのは神だけで、人の通らない、人はどうしてつぶやかねばならない事をわたしに着せ、荒布を脱がせようとしなかった恐るべき事をおこなって大きな罪を犯し、わたしのうまい物でその腹を満たし、上がってきてから塩の谷へ引いていったならば良かったでしょう」。カルデヤびとの国をことごとくは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる