ふるさと納税で日本を元気に!

植垣南津子さんに送る雅歌

植垣南津子さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

荒れすたれて、旅びと、または寄留の他国人であれ、木の実であれ、またはあなたと身命を共にする友が、ひそかに誘って『われわれはどこへ上っていくと、エリヤはここに帰って来る。大盾、小盾、弓、矢、手やり、およびやりなどを燃やし、自分を彼らに与えなかったからだ、「なにゆえ戦列をつくっている。聞けよ、町を巡らせ、その周囲にめぐらし、海を香油のなべのようにきらめく、あなたの手もとにありませんか、あるいは赤みをおびているならば力を得ることである、それゆえにそのエジプトびとの家を恵まれたように八日目に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる