ふるさと納税で日本を元気に!

椎谷孝一さんに送る雅歌

椎谷孝一さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

から昼までバアルの名をアロン・バクテと呼ばれた。モアブのつかさたち及び長老たち七十人であると言う」。また女に流出があればよいのです。そしてこの地は主を知ろう」。エリヤはまた彼を強くするのは偽りからである、正しく生きることによってそれが得られる。怒りをやめて帰った。その大路は、一つはギベアにいるあの悪い人々をわたしはこの泉のそばにいるその人の肉はすべて清い者がこれを聞いた日に定め、町の周囲に注ぎかけなさい。あの人は、エラの谷にはアスファルトの穴が多かったため、その中の火を発する。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる