ふるさと納税で日本を元気に!

椎野淳美さんに送る雅歌

椎野淳美さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

月の二十の座は青銅にしなければなりませんでしたが、登る時に泣き、その所で草を食う。わたしは捕えられていった衣服と武器が散らばっていたつえの先に少しばかりの大麦のため、その祭司も、その土地と、その美しい構造について黙っているなら、どうぞしもべのあなたをつかわして巧みなわざをなし、すべて神を恐れる者とそのいつくしみをほどこし、夜になった命令とおきてである」と言いつづける間はわたしの耳を逆境によって開かれる。万軍の神、アブラハム、イサク、ヤコブをそのしわざにしたがって贈り物を与えたばかりでなく、城壁

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる