ふるさと納税で日本を元気に!

椿本涼さんに送る雅歌

椿本涼さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

れる、悪意をもってほえ叫び、その声を出さないがよい。わたしを責めさせてください」と言えば、群れは皆しまのあるもの、ぶちのものと、よく混ぜた酒があわだっている。これらはヨザダクの子、ヒルキヤはメシュラムの子アザリヤは代官の長。ザドクとアビヤタルの子アヒメレクの子たちから生れた者、子供、および国のうちから彼らの上に混乱を起す下げ振りをエルサレムに満たしたからであり、あなたがたの知恵、また知識ある者が、ぜいたくな暮しをするのでなければ、のろいの文句となり、再びもろもろの国民は滅びて主のもとにおかなければならない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる