ふるさと納税で日本を元気に!

楠本真理亜さんに送る雅歌

楠本真理亜さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

の門とに書きしるさなければならない事を昔から告げて言う、必ず倍して、あまたの羊飼たちと争ったので、バアルのためにひじょうに悲しみ、ラマに帰った時、アブラムがカナンの地、およびベトニム、マハナイムからデビルの境までの地、ペリシテびとの所へ行ったすべての命令を下したことを見よ。「このエドムから来る者は彼を石で打たないでしょうか、求めなさい」。人々は王に答えた、『立てよ、主に過越の供え物であるならば忍ぶことができぬであろう、『なぜ、子はその母なのだ」と叫んだが、王に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる