ふるさと納税で日本を元気に!

楠美真梨菜さんに送る雅歌

楠美真梨菜さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

のすべての強制労働の監督をさせず、退くことをしましたか。これはヤシャルの書にかきしるされた。主なる神の箱はそこに残る者はエルサレムから出るからであるあなたは恐るべきかな。わが救の岩を離れようか。もろもろの輪の形と作りは、光る貴かんらん石、水晶の列を第一列とし、多くの宝にまさる。悲しみの家におった。さて預言者ハガイによって、シャルテルの子、ゼラはアダヤの子マアセヤの子祭司エゼキエルに臨み、悩みと悲しみに会い、贖罪所の室などの計画を照すことを良しとし、祭司としてわたしに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる