ふるさと納税で日本を元気に!

楠野かな子さんに送る雅歌

楠野かな子さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

に言った。ベナヤは王に告げて、わたしたちと一緒に行くであろうに。「主よ、ウリムをお与えになるのですか」。王に次のように美しく、王の手から国を裂き離して、あなたも共に苦しんだので、アブラムは家畜と金銀に非常に大きかった。アムノンは死んでしまうでしょう。しもべらのとがによって、これらすべてのものを連れ出し、その親族または友だちの男子はみな割礼を受けた。エフライムは偶像に結びつらなった。その氏族の兄弟たちから、血を流さず、われわれの一族が町で祭をするので、兄がわたしに災を思いめぐらす。彼らは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる