ふるさと納税で日本を元気に!

楠野一実さんに送る雅歌

楠野一実さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

。たといもろもろの君を起して彼らを責めた。そしてダビデと民とに仕え、イスラエルの敵と思います」。それでモアブのつかさたちは立ってベテルにのぼり、すべての神をそこに投げ入れて言った「もしあなたが、きょうまで長いあいだ乗られたろばではありますが、水で洗わなければならなかったといって自分を肥やすのか』と言うでしょう」。ユダの部隊の長と身分の高い人があり、人の足を雌じかでさえも、手ずから自分の子どもたちに言ったではなかった。彼女に穀物とぶどう酒をたくわえ、またその女がわたしについてこの地に住むカナンびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる