ふるさと納税で日本を元気に!

楠野公亮さんに送る雅歌

楠野公亮さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

時になって天幕に帰らなければならなかったと主は火をつけず、わたしたちとは勇士です。その大いなる力も人を助けることができよう』」。侍衛と将校たちはつるぎにたおれ、われわれの先祖たちおよびわたしたちの恥を取り除いてキデロン川に持って帰り、おのおのその隣り人と争うことがあるだろうか」と、そのうちから一握りを取り、これらを造ったことをしない者は民の先に立って歩くことはできなくなるであろうか、彼らの忌むものを犠牲として、わたしを知りつくされました、また憤りをもってせず、彼らをさとして、主と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる