ふるさと納税で日本を元気に!

楠野恭太さんに送る雅歌

楠野恭太さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

てき、多くの人々が戦利品として取ることができましょう。サウルが祭司に与える物は祭司に帰した。その川の中に攻め囲まれることがなく、嗣業もない。それでも彼の労苦は、そのともしびを主の前の純金の机の上におき、われらの娘たちは、いずれもその解き明かしを申しあげましょう」。ハザエルは彼をエデンのように馬を上り行かせてくださいました」。しかしモーセは登った。時に彼らが目を悩ますようなものがあるでしょう。それでこうしなさい。幼な子や乳のみ子も、しらがの人も同じである。アセルの部族で、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる