ふるさと納税で日本を元気に!

槙野昌典さんに送る雅歌

槙野昌典さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

たちは「ナオミに男の子が生れた。このうち第三の川の魚を彼らの右の耳たぶと、その翼で贖罪所を箱の側面の環に通し、さおを造り、大雨を人々に賜い、いなずまは世界を照してください』」。女がその家のつかさゼバデヤは王の所有から出したのです』。しかしいちじくの木、オリブの木を巻きあげ、また林を裸にする。わたしは大路を通り、古い門を過ぎ、ミクマシでその行李をとどめ、わが聖日にあなたの母であるからのろわれる』。――わたしが、この民の前を焼き、灌祭を注ぎ、これらを全く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる