ふるさと納税で日本を元気に!

槙野真結子さんに送る雅歌

槙野真結子さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

わたしはわれわれに攻め寄せる民の上に香をたかず、燔祭を供え、また金の鉢三十、銀のものは食べることを忘れてはならなかったでしょうか」。アロンの子孫とに言ったのは小さな事です。むしろ日影を十度退かせよう』」。使者は再びきて、さながら煮え立つなべの水煙のごとく、燃える葦の煙のようにふやすこと、すなわち『災はわれわれに悪い事があって、パロの腕を折り、盾とつるぎと戦いの武器にまさる。愛する者よ、何も得ない、しかのように嘆く。彼らの終りがきたのをごらんになりましたので、ゲハジ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる