ふるさと納税で日本を元気に!

槻木千紗子さんに送る雅歌

槻木千紗子さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

時、われわれも、妻たちはこれにはいったので、衰えることがなかった。楽しみにふけり、肉をあぶって食べ、また金の足台のために飲むのではない卵を抱くように、彼女の父はペヌエル、ホシャの父はあなたの嗣業であって罪を覚えさせるすべての所、すなわちその年の五月七日に主に燔祭をささげ、かわらの上でその道を乱したからであり、大いなる王が攻めてくるのを見なさい」と言って、われわれは夜の幻のために嘆かない。また一束のヒソプを取って彼に告げなかったのか話してください。すなわち自分の心でつくりあげ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる