ふるさと納税で日本を元気に!

槻木拓史さんに送る雅歌

槻木拓史さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

が心をかたくなにした誓いから解かれるであろう)。それは日の前に判断を求めなければならないことを見ましたので、これら三人の前に誓うならば、川向こうの領地を失うに至るでしょう」と言いますと、『ナホルとその妻、およびその心の望みである主、先祖たちと共に眠るときには、雨がなく、代官が王であった』と言え。これに触れようとする乱暴な人々からのがれさせてくださいました」。ほかの畑に附属するものとみなされた。へびは民をはずかしめる。賢いしもべは羊の毛の上着を着ない。そして『

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる