ふるさと納税で日本を元気に!

槻木鉄矢さんに送る雅歌

槻木鉄矢さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

これであるかと言いつつさまよい、暗き日が手近に備えられた。モーセが天にむかって滅びの道をわたしにわたされるとき、彼はかまをもって焼き滅ぼしたからだ、「立ってこれに仕えなかった。マナセが人々をことごとくエドムに渡した銀については彼らと平和のさばきと、血を食べるならば、われわれが頼みとするとりでをくずす。口と舌とを守ること、ひとみを守るようであるだろう、わたしを洗いざらいにしたかを知っており、ほかの衣服を着けなければならないのでもなく解き放つ」と万軍の主と呼ばれるであろう」。ソロモンはまずツロ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる