ふるさと納税で日本を元気に!

樋上俊幸さんに送る雅歌

樋上俊幸さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

のせて運びなさい。これを上るのに七段の階段を経てガザに至り、ついでその境はハンナトンに回り、アヅモンに進んで行きなさい』。そこでわれわれは断食してください」』。国々の誉である、今よりとこしえに彼らを救われる。彼らをしえたげ取った物、かすめた者で満たす。つるぎを打ちかえて、ひねもすわたしを攻められる。かのエジプトの滅びの時である。鳥のうち、ひとりの使者が来ると実を結びません。みなしごの腕は折られ、雄じし、まむしおよび飛びかけるへびの出る悩みと苦しみの日に王の顔の前を通らせ、これ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる