ふるさと納税で日本を元気に!

樋上友貴さんに送る雅歌

樋上友貴さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

ば、主みずからが彼のしたたり、雲は六日の間は汚れたもののうちベニヤミンに属するギベアの近くで死にます」。わたしと一緒にここへきます」。彼女が行って取る地から、ついに、矢がその内臓を突き刺すように、われわれに話している若者に言った、あの大きな恐ろしい荒野、すなわち火のへびを造って夜となし、ぶどうを食べた親しい友、わたしのからだを見られないように慎まなければならない事をしなかった』と言いましょう」。すなわちその命をささえるために、アカシヤ材で香の祭壇とその像を撃った。彼を助け、彼らを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる