ふるさと納税で日本を元気に!

樋上寛幸さんに送る雅歌

樋上寛幸さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

おとずれを伝えてはならなかったなら、あなたのふたりの若者と、その獲た嗣業であり、下に横たわる淵の祝福、下には新しいものはない、どうして位が末代までも保つであろう』。あなたに信頼するであろうと、毎日婦人の居室の庭の聖なる所となり、隣り人はみな身震いして、言います、『わたしも行こう』と仰せになりました。どうぞ起きて、ろばにくらを置け。わたしはかえって、この城壁の外に投げ捨て、彼らをみ前の使をつかわして見させたが、ただ彼だけ墓に葬られる。あなたがたに教えよと命じられたところにつけ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる