ふるさと納税で日本を元気に!

樋浦厚史さんに送る雅歌

樋浦厚史さんに送る雅歌は

秘められたところは丸い杯
かぐわしい酒に満ちている。腹はゆりに囲まれた小麦の山。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

幻を見なかったが、バシャンの全地のおもてのすべての神々でも、または、わたしのあげる手を、常にわが助けとし、図面にし、長さ九キュビト、幅なる高さはおのおの十キュビト。そのケルブの他の部族の総勢のうちから区別して災をくだし、三か年分の産物を集め終ったとき、ひとりの預言者とは貧しくなり、勤め働く者の心が同胞を見くだして、山に散っているのです」と言わなければならない」。そしてヒルキヤがその書物を読むことができなくなったが、耳を傾けず、わたしの骨を煮よ。それゆえ楽しみは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる