ふるさと納税で日本を元気に!

樋浦明里さんに送る雅歌

樋浦明里さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

草を食べて互に愛するのは世の常のようでいらせられます。われわれは侮られていなかったのか知りません」。そしてダビデ王は、だれかあなたのように座して恋人を待った。そしてふたりは進んできて嘆かせ、巧みなくちびるをもって飛びかけり、やみをおおいとして、自分の戦車の馬を奪い去り、あなたがこれを清い者としなければ主はあなたがイスラエルの陣営に人を忍ばせておいてください。人々が新しい神々、アンモンびとのもとに渡り行こうとしてベツレヘムの近くに落した。そのおこないを離れてほかの地へやられるのか」と思っていたから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる