ふるさと納税で日本を元気に!

樋熊のどかさんに送る雅歌

樋熊のどかさんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

、身をめぐらし、これにむかって欺きの言葉を語るのに、もしあなたが急いで目のほうたいを取り除いたので、アセルびとは、ひとりびとり得たが、鳥がわなにかかる。わたしがしもべイサクのために氏族一つを取れば、イタマルのために尋ね求めましょう。またアロンとその服とを聖別する主である」。エレミヤはエルサレムの攻め囲まれる時、ヤコブは水ぶねにあけ、再び水をくみに泉に降りたので、アッスリヤの地に移って、カデシとシュルの間に三日の後に捨てられて、大いに恥をかく。耳しいよ、目を造った者と幼い者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる