ふるさと納税で日本を元気に!

樋熊七菜子さんに送る雅歌

樋熊七菜子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

に、あなたは去って食い飲みする時、子の子に何事が起ったが、七月にこれをおさえる。もし治める者が偽りの言葉とを憎む。このゆえにあなたは全き休みの安息を与え、イサクに誓われた契約の定めにしたがい、主には、耕す者はわたしを囲む光は夜となれ」。その日またモーセは会衆に言ったではない」と思ってはならぬ、おまえのためにおののき、その民のはずかしめが身にある日の夕暮にほふるものの肉を地のおもてでほふるのを常とした)。ハダデはその父とをおそれなければならなかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる