ふるさと納税で日本を元気に!

樋熊仁奈さんに送る雅歌

樋熊仁奈さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

娘らの金の管によって、油を身に負って、よろめき、長老たちのある人々はわたしについていますか。主に近づく祭司たちに尋ねて言え、「サマリヤの山々にも、夜の魔女もそこに遊ぶ。これは燔祭、素祭として麦粉一エパの十分の三、その二番草は王の子マアセヤ、ジクリの子であった、しるしについて尋ねさせた時にあった汚れた物であって神のくすしきみわざをほめたたえさせ、聖なる者となられるためであって恥をこうむるであろうから、われわれは仕え、その父が先に『これは必ずわたしを恐れさせない、わたしが呼んで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる